結婚式場の決め手|来場者にも配慮が大切!

海外で式を挙げるなら

夫婦

国内で準備を進められる

ハワイは、リゾートだけではなくウエディングでも人気のスポットです。海外は日本と違って披露宴がないウエディングスタイルが主流になっています。教会では、30分ほどの簡単な式が行われ、その後はラフなパーティーを開くのが一般的です。温暖な気候や海が見える教会なども多く、渡航の負担はありますが、ショッピングなども楽しめ人気となっています。ハワイでのウエディングは、渡航もあるため長期の準備がかかると思われがちです。ですが、実際には全て国内で準備を進めます。本番までの準備期間は、日本と同様で半年程度と長くはかからないのです。また、日本国内の海外挙式を担当する会社に依頼します。日本語だけで段取りが出来るので、言葉の心配も要りません。

参加者への配慮が大切

ハワイでウエディングをする際は、国内にはない注意点があります。まず、ハワイで教会と言うと、礼拝が行われるようなれっきとした教会「チャーチ」を指します。日本からの結婚式で使用されるのは、いわば教会風の結婚式場です。文化など親しみの無い場合は、結婚式の会場は「チャペル」にしましょう。また、出席者にも国内の挙式以上の配慮は必要です。渡航だけでも旅費をかけて出席してもらうことになります。各自負担してもらう分、ご祝儀・パーティーにかかる会費は不要にしましょう。「お気遣いはいりません」など、招待状に一文添えるのが大事です。もちろん、長期の休暇を要するはずですので、日程が決まり次第、早くに連絡をする気遣いも大切です。